妊活中に気をつけるべき食べ物とは?

妊活中に気をつけるべき食べ物とは?

妊活中はサプリなどを活用して体が妊娠に備える準備をする必要がありますが、そのほかに毎日の食生活で気をつけるべきことは何でしょうか?

 

まずは 体を冷やすような食材をは避けましょう。キンキンに冷えた清涼飲料水やアイスは内臓から体を冷やしてしまいます。常温でも飲みやすい飲み物に変えたり、アイスの代わりに別のスイーツを楽しむなどの工夫をしてみましょう。

 

また、生ものに関しては お寿司やお刺身などの魚は新鮮なものを食べるように心がければ特に制限はないといわれていますが、マグロ等の水銀などを考えると週2回程度にとどめておきたいところです。

 

生肉に関しては赤ちゃんの発育に悪影響を与えるトキソプラズマ感染の可能性があるので 妊活中は絶対に避けましょう。調理では必ずしっかり火を通すことと 生ハムなども念のため避けるなどの注意が必要です。お肉を調理したまな板や包丁の洗浄にも気をつけましょう。

 

そして アルコールやカフェインといった嗜好品も 過剰な摂取はホルモンバランスを乱し妊娠のチャンスを奪ってしまうことも。コーヒーは一日2杯程度にとどめ、アルコールは出来る限り控えましょう。